こんにちは、精神科デイケアです。

今回は、「文芸教室」と題した私たちの活動のなかで、メンバーさんが作成した詩を紹介します。

「文芸教室」は、当事者の詩作を通し、気持を表現する方法を学び、当事者間の相互理解を目的として2003年6月より始められたプログラムです。

 

『この坂を登れば光がみえる』

 

この坂を登れば 笑顔がみえる

右に一人 左に一人 真ん中に一人

周りを見渡せば そこには笑顔があふれていた

みんな大変そうだけど

みんな笑顔をもっている

一人一人の 個性の笑顔

 

そこには 人らしい 人たちがたくさんいる

時には悩み 時には苦しみ

時には笑顔

みんな何かに一生懸命

山あり 谷ありだけど

一生懸命生きている

そこに たまにみせる

笑顔が輝いている