2017年1月からサマリヤ人病院ではてんかん外来の受付を開始しています。当院ではてんかん専門医が診療いたしますので、診療を希望される方はご予約ください。

てんかんは脳の一部や全体から異常な脳細胞の活動が突然に起こって、「発作」と呼ばれる様々な症状をきたす病気ですが、そのてんかんという病気を起こす原因も様々です。遺伝性のものや腫瘍性のもの、あるいは脳卒中に伴うものなどがありますが、原因がはっきり同定できないものもあります。脳細胞の異常な活動を捉えるための検査である脳波検査も、てんかんの種類によって様々な形を示すことがあります。しかし治療法は確立されていて、薬物療法が治療の中心となっています。かつては薬剤も少なくてデパケンやテグレトールといった薬剤しかなかったのですが、この数年で新しい抗てんかん薬としてイーケプラやラミクタール、フィコンパといった薬剤が出てきて治療の幅が広くなってきました。

てんかんは100人に1人が発症すると言われている意外に数の多い病気ですが診療する医師が少なく、「てんかんではないか」、あるいは「てんかんと言われたけど違うのではないか」と診断に悩まれている方。てんかんの治療を受けているが発作が消えず治療に悩まれている方。など、沖縄では診察する医師を探されている方も多くいらっしゃるかもしれません。てんかんの診断、治療はときに難しいことがありますが、上手に診療するとコントロールの良いことも多くあります。

てんかんは乳児や幼児、あるいは学童のころといった若い年齢で発症するイメージのある病気ですが、最近では高齢での発症も多いことが指摘されるようになって来ています。サマリヤ人病院は認知症疾患医療センターとして認知症の専門外来もありますので、協力して高齢の方のてんかんを診療することができます。また、夜間のてんかん発作は睡眠関連運動障害と呼ばれる、睡眠関連疾患との鑑別が必要となることがありますが、こちらもサマリヤ人病院では睡眠専門外来があり、睡眠ポリグラフ検査を含めた鑑別のための診療が可能です。

サマリヤ人病院のてんかん外来は水曜日午後13:30-17:30に初診を受け付けています。ご予約のご相談は随時受け付けていますので、通常の初診ご予約の相談と同様に(098)889-1328でご予約をお取りください。

外来のご案内

てんかん専門医 高木俊輔