image1 (6)

 

 

こんにちは。サマリヤ人病院 精神科デイケアです。

今回は田崎病院の入院患者様とデイケア利用中の方に向けて朗読と手話ダンスの発表を行ってきました。

 

発表前は何日も前から練習を行います。

みんなで話し合った詩と曲を練習していきます。

本番が近付くにつれて、練習だけではなく今の心境をみんなで語る時間も作られます。

約10年続けられてきたこの活動。

いろんな事がありました。

当時と同じメンバーさんではなく、それぞれの事情で参加する方は変わってきています。

常に流れて変化し続ける朗読と手話ダンス。

 

でも変わらないものは、言葉にしにくい心の内を伝えていくこと。

聞いてくれた方が元気になれればという思い。

 

悲しい詩もあります。優しい詩もあります。力強い詩もあります。

その詩たちがあなたの傍で寄り添うことができるなら、と思いを届け続けます。

 

手話ダンスは「いのちのリレー」と「いきてていいんだ」。

なかなか言葉で伝えにくい思いを、曲と歌詞にのせて伝えていく作業は朗読と同じです。

 

いつかこの記事を読まれた方が、「朗読会を聞いてみたい」という思いが出ましたらサマリヤ人病院精神科デイケアまでご連絡ください。

素敵な時を一緒に過ごしてはみませんか??

 

最後に今回の朗読会で発表したひとつの詩を届けさせてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あなたへ」

いつも元気な笑顔を ありがとう

あなたの笑い声 おもしろい会話は

私の心に 火を灯してくれ

穏やかな一日の 始まりとなる

 

あなたは

「人の中で もみくちゃにされて 生きてきた」

と言っていた

 

でも それは 次々に起こることを 見通す

あなたの力となっていると思うよ

そして それは 私を 人を 助けている

 

あなたの中に

心の恨みや辛さが訪れたとき

心配する友達が たくさんいることを

忘れないでほしい

だから もっともっと

自信をもてばいい

 

それでもいつも 元気なあなた

声をかけたり 笑顔をありがとう

私はずっと 感謝をしていられるのです

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朗読・手話ダンスの活動についてのお問い合わせは「精神科デイケア 城間」までお気軽にどうぞ。