認知症の患者様。

マッサージをして5分ほどしてから

「私はまた失敗したんだね・・・」と悔しそうに話す。

理由を尋ねると

「だってまた知らないところに来ている」と。

マッサージを受けるまでの過程を丁寧に説明すると少し落ち着く。

「ずっと不安、ずっと怖い」

「『ママ』と子供たちに呼ばれていたころが一番幸せだった」

「今はだれも相手してくれない」

と話す。

そうですか

そうですか

と、傾聴。

診察を受けたことも忘れているから

もしかしたら

マッサージを受けたことも忘れるのかもしれない。

それでも、このマッサージで感じた感覚は

きっと体は覚えている。

体と心はつながっているし…

きっとこの時間も意味がある…

こんなことしかできませんが

心を込めて続けていきます。

お時間があればお立ち寄りください。

リラクゼーションルーム

平良 文乃(精神保健福祉士兼セラピスト)

cimg1579