アロマと聞いてみなさんはどんなイメージを持たれますか?

・いい香り

・リラックス効果

・気分転換

など、いろいろあると思います。

 

当院は認知症に特化した病院でもあるので

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが

今回は「アロマと認知症」をテーマにお話をしたいと思います。

 

アロマと認知症・・・

どこかで聞き覚えはありませんか?

 

そう、2014年2月25日に

たけしの家庭の医学で「アロマの香りで脳を若返らせ認知症の予防」として放映されましたよね。

これらは、鳥取大学医学部教授の浦上先生が医療における科学的根拠を得て発表されたものです。

(動画の前半がアロマと認知症についてです)

昼に ローズマリー・カンファー 2滴

レモン          1滴

 

夜に 真正ラベンダー      2滴

オレンジ         1滴

 

それぞれ2時間ほど香ります。

そうすることで、大脳辺縁系(短期記憶に関係する海馬や、長期記憶に関係する扁桃体が含まれる)

に刺激を与え、その結果、認知症予防とケアに役立つと発表されました。

 

また、生活習慣病は認知症になるリスクを高めるとも言われています。

毎日健康的に過ごすためにも、生活リズムにメリハリが必要です。

 

そのメリハリにも、アロマはお手伝いをしてくれます。

 

昼用に配合されたオイルは、交感神経を刺激し脳を活性化。

夜用は、副交感神経を刺激してリラックスを促します。

 

 

私自身、なかなか眠れない夜は枕元にラベンダーのオイルをたらし眠りを促し

スッキリしたい気分の時は、ローズマリー。

勉強や読書など、集中したいときにレモン。

なんだか胸がざわざわして落ち着かないときはオレンジ。

 

など、日常生活に取り入れています。

 

私の体験上からも、昼用と夜用は生活にメリハリがつくと感じています。

 

いかがでしたでしょうか?

認知症の予防にはいろいろな方法があります。

そのひとつとしてアロマを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

お薬と違い、即効性や全ての人に同じような効果があるとは断言できませんが

セルフケアの一部として取り入れてみるのもいいと思います。

また、香りが日常に舞い込んでくるだけで

なんだか生活に潤いもましていくように感じますよ。

 

当院のリラクゼーションルームでは

昼用のアロマオイル 1本

夜用のアロマオイル 1本

アロマペンダント  2本

をセットにした「アロマケアセット」の販売も行っております。

ご希望がありましたら、スタッフまでお声掛けください。

cimg3238

今後は、アロマと認知症や、その他のアロマのお話も定期的にお伝えしていきますね。

 

平良文乃(精神保健福祉士兼セラピスト)

 

※参考資料「アロマで予防!認知症(浦上克哉)」