ご家族様の体にふれていると

「この方は完璧主義なんだな・・・」

と、体から伝わってくることがあります。

 

私のこれまでの経験で、完璧主義の方は

自分を許すことが難しいため

ちょうどいい塩梅で手を抜くということができないようです。

 

自分を否定し

自分に厳しい

人に認めてもらいたいために、与えてばかり。

その割に、相手からの優しさは素直に受け取れない。

自分なんかに受け取る価値はないもの・・・

と、どこかで思っているから。

 

ご家族様の体から伝わってきたメッセージは、極力お伝えするようにしています。

そうすると、ポロポロ涙を流される方が多いです。

涙は心の浄化。

これまで、人に気を許すということも少なかったと話されるご家族様。

マッサージで、こりかたまった心がほぐれる様子が見えます。

 

「完璧」とはなんでしょうか。

あなたが描いている「完璧」とはいつ出来上がった概念ですか?

意外とそれは、せまいせまい世間の声ではないでしょうか?

 

何かに追われているようで、焦っているときは自分に問うてください。

「私は私のままで十分完璧で、愛される存在。

さてさて、そんな私は今から何をしよう」と。

 

何をしても、何もしなくても完璧だと伝えて、

それからどんな行動に出るか選んでください。

 

あなたの行動の主導権はあなたが持っていることを

忘れないでください。

 

不完璧主義が、本来の完璧な姿へと導くヒントだと

私は思っています。

 

 

平良文乃(精神保健福祉士兼セラピスト)

2663_1