こんにんちわ。

リラクゼーションルームの平良です。

 

早速ですが、私

先日1泊2日に入院をしました。

 

西洋医学のおかげさまで

症状はすぐ落ち着きまいたが

念のための入院となりました。

 

私は体調不良や病気になると

なぜこのような結果になってしまったのか?

と、ゆっくり自分に問うようにしています。

 

それは決して裁判のように

悪者を探すようなものではなく

穏やかな気持ちで行う作業です。

 

①食生活の見直し

②考え方の見直し

③働き方の見直し

④休養法の見直し

 

①食生活の見直しは多くの方が簡単にされていると思います。

テレビでもたくさん取り上げられていますよね。

この一粒に○○の栄養素が○個分入っています!などを思い出し

それが足りなかったのではないか?とか。

 

でも私の見直しはそこではなく

体が求めていないものを食べていたか?

もしくは

体が求めていたのに食べなかったか?

 

など、あまり知識は使いません。

感覚を大切に振り返ります。

 

「あぁ、本当はあれを食べたかったのに、頭で考えてほかの選んでいたな」

「イライラしながら食事をしていたなぁ」

「体が「重い!」と言っているのに無理して食べたなぁ」

などに気づきます。

そして、体が喜ぶものを食べるように意識を戻していきます。

 

②考え方の見直し。

これもとても大切なことです。

 

自分に優しい言葉をかけれていたか?

自分に厳しすぎたのか?

自分を否定し続けていたか?

自分を許せていたか?

我慢しすぎたか?

恐怖に支配されていなかったか?

穏やかな気持ちでいられたか?

そして、自分を愛せていたか?

など。

内面に意識を向けて振り返ります。

 

そして

「他人に合わせすぎていたな」

「本音を言えていなかったな」

「自分が悪いと思って、自分を修正しようと必死だったな」

など、その時、その時に必要な気づきを受け取ります。

最後は心が軽くなる考え方を改めて受け入れます。

 

 

③働き方。

こちらも大切です。

きっと多くの方がお仕事をされていますよね。

その時どんな気持ちで働いていたか?

 

自分の役割を、自分の好きなように表現できているか?

この仕事を通して心と体は喜んでいるか?

生きている喜びを表現できているか?

など、問います。

 

仕事はある意味、生きざまの作品だと思います。

どう人生を歩んでいくのか?

その結果が仕事として表れているように思います。

それは人それぞれの形です。

 

誰かに言われた作品を作るのではなく

自身から生まれ出されて作るのがベストです。

それが結果、他の方と同じような作品であっても

自身の喜びから生み出された仕事なら

もうオリジナルの仕事なのです。

そうやって生まれた仕事だと

人は仕事に対して苦痛を感じません。

もちろん肉体疲労などはあるでしょうが

「なぜこんなことをしているのか?」

などの自己嫌悪はわき起こりません。

 

自己嫌悪は実は体への影響が大きいです。

心を傷つけ、体を痛めつけます。

だから働き方の見直しは大切です。

 

④休養法の見直し。

簡単に言うと、

日頃からしっかり休めていたか?ってことです。

体が求める分の睡眠をとれていたか?

あわただしさのなかでも、心と体の緊張が取れる時間はあったか?

(ほっとする時間をどれだけ作れたか?)

など。

 

静と動のバランスはとても大切です。

多くの方が動の部分に意識を向けますが

静の休養もとても大切です。

 

私の場合は

・寝る

・ぼんやりする

・本を読む

・オイルマッサージを受ける

などして静をしっかり取り入れています。

 

静の部分も人それぞれです。

感覚的にはホっとするものかと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

体調不良や病気の時はまずはしっかり休養をとって

落ち着いた頃に

穏やかな気持ちで

愛しい子供に話しかけるような感覚で

のんびり振り返ってみてくださいね。

 

 

入院をしてしまうくらい

体調を崩してしまう私ですが

これからも自分自身を愛しながら

丁寧に過ごしていきたいと思います。

 

みなさまもどうぞご自愛くださいね。

 

 

平良文乃 (精神保健福祉士兼セラピスト)

cimg1579