日本精神科看護学術集会というのがあります。

精神科に携わる専門職の方が

それぞれの分野で研究を行い発表する場です。

現場では看護研究論文発表とも言われています。

 

前回のブログで睡眠とアロマのお話をしたので

今回はとても興味深い論文を紹介させてください。

「睡眠薬・アロマ・副作用・補完代替療法」

について、とても参考になる論文です。

 

「入眠困難のある患者へのアプローチ

(補完代替療法としてアロマを用いた睡眠導入を試みて)」

兵庫県 医療法人内海慈仁会姫路北病院 鈴木真弓

(勝手ながら論文を噛み砕いて載せますね)

 

~以下論文~

 

精神疾患をもつ患者様の多くは

睡眠障害も併せ持つことが多いとされています。

 

精神科での治療では、まずは休養が大切。

その一歩として

十分な睡眠は治療に大きな意味を持つと考えられています。

 

そこで、入眠困難(「眠れない」)を訴え、連日頓服を使用し

睡眠導入を行っているAさんにアロマテラピー(アロマ)

を使用した補完代替療法を行いました。

 

・・・・・・・・・・・・・

【頓服】というのは、定期で決まったお薬とは別で

その時に必要ならば服用してくださいというものです。

Aさんの場合は、

定期薬を飲んでも寝れなかった時のために

頓服薬が処方されたのかもしれませんね。

 

【補完代替療法】というのは、西洋医学以外の各種療法のことです。

西洋医学では補えない部分に対して

補完的に用いて自然治癒力を高めたり、ストレスを軽減させる目的もあります。

・・・・・・・・・・・・・

 

Aさんは50代の女性で統合失調症の方。

連日入眠困難を訴え、その都度頓服を使用していました。

日中も眠気を訴えて

自室で横になり

活動量が少なくなってきたそうです。

 

そこで、4種類の入眠効果のあるアロマを準備し

共に効能について勉強をして

Aさんがアロマオイルを選択します。

(レモングラス、ローズウッド、他2つの記載なし)

 

使用方法は、2㎝大の糸製の球に2滴垂らして

服の襟もとに着けて

それから入眠を試みるというもの。

 

中途覚醒時(眠っても途中で起きてしまうこと)は、

再度アロマでの入眠を試みて

それでも眠れなかったら

頓服を服用する。

 

 

結果、

Aさんの入眠困難の訴えと頓服の使用回数も減少。

そして日中の活動量も増えて、

デイルーム(入院されている方が自由に過ごせる広場)に

出てテレビを観たり

作業療法(作業療法士さんが行うプログラム)に参加。

自室で横になる時間も減少し

日中の眠気の訴えも減少したことから

アロマは睡眠導入に効果的であると考えられました。

そして、アロマを使用し頓服の使用回数が減少して

副作用の軽減にもつながり

日中の活動量が増えたとも考えられます。

しかし、日を重ねるにつれてアロマの使用による入眠環境になれてしまい

アロマのみでは入眠が困難になることもあったため

他の補完代替療法を用いた継続的な睡眠導入を行う必要があるとも述べてます。

 

 

以上が論文より。

 

いかがでしたでしょうか?

アロマを使用し、お薬の量を減らすことに成功していますね。

お薬(頓服)の量が減ることで副作用の軽減につながり

体の負担も減っています。

そうすと、活動量が増えて本来の患者様らしい生活に近づけて

いけるのかもしれませんね。

ただ、長期間の利用となればアロマ単体では効果が薄れてくる場合も

ありますので、ひとつにだけ頼るのではなく

何か(ストレッチ・湯船・ヨガ・呼吸法・瞑想などいろいろ)と合わせながら

自身の体と向き合ってみてください。

 

現在アロマは医療機関でも活躍しています。

もし、生活のなかにアロマを取り入れたいと考えられるのであれば

まずはアロマオイルを選びましょう。

できれば無農薬、有機栽培のアロマオイルを選ぶようにしてくださいね。

 

最近はアロマや香りのブームで

いろんな商品が陳列していますが

なかには、化学合成で香りだけ似せた商品もあります。

これらは本来のアロマの効果も期待できませんし

健康を害することもありますのでお気を付けください。

 

 

そして実践。

そうですね・・・・

論文では「2㎝大の糸製の球」と

記載されていますが

自宅にあるもので考えるのであれば

ティッシュに1~2滴垂らして

枕元に置くのでもいいと思いますよ。

 

 

好きな香りで

あなたの何かが救われますように。

 

リラクゼーションルーム

平良文乃(精神保健福祉士兼セラピスト)

 

参考文献:第40回 日本精神科看護学術集会

「入眠困難のある患者へのアプローチ

(補完代替療法としてアロマを用いた睡眠導入を試みて)」

兵庫県 医療法人内海慈仁会姫路北病院 鈴木真弓