認知症疾患医療センターの山川です。

「認知症の治療ってどんなことをするの」

「認知症の方とどう接したらいい?」「日々ケアの方法で悩んでいる」

 

そんな疑問や悩みを解消すべく、

2/2 開催しました!「認知症ケア向上研修会 inうれしの」(パチパチ)

(アップが今頃になり、大変申し訳ありません・・・。)

まず、当認知症疾患医療センター 田崎センター長 による講義。

事例を交えた解説は、

皆様から「分かりやすかった」とのご意見を頂戴しました(^-^)

 

 

IMG_3612

そして、この方! 徳盛 裕元さん!!

すまいるサポート株式会社

代表取締役、 沖縄県認知症介護指導者会 理事

ケアマネージャーや非常勤講師など、多方面で活躍されている徳盛さん。

「認知症ケアの視点」と題して、お話を頂戴しました。

 

 

「認知症」ではなく、1人1人の個別性をどう理解するか、

支援者側が「問題行動」と認識している言動が、

見方を変えると、そこに当事者の訴えやケアのヒントが隠れていること。

 

笑いとお土産が一杯の講義が終わる頃、参加者の皆さん、表情がイキイキしていました(^-^)

司会の無茶振りにも快く答えてくれ、徳盛さん、本当にありがとうございました!

 

認知症の早期発見・治療は、より良い生活を継続するためにはとても重要。

ですが・・・「周囲の理解と適切なサポート」があってこそ、です。

 

病気やケアの手法は学べても、「個別性の理解」は容易ではないので、

「分かったつもり」の危険性と、悩み続けることが大事なのだと、気づきました。

 

ちなみに、参加者は220名程、

参加をお断りした方、本当に申し訳ありませんでした!!!!

また多くの方と学べる機会を、企画していきます!

 

こんな研修会して欲しい、一緒に開催したい、私が講師します!など

皆様の、ご意見お聞かせ下さい☆