理事長あいさつ

理事長

ごあいさつ 医療法人社団 輔仁会 理事長 田崎 琢二

 私ども輔仁会は昭和33年に田崎邦男(現、名誉院長)が田崎医院開設以後、ひたすら沖縄県の精神科医療の向上発展のために努力してまいりました。この半世紀余りの間に我が国は人工増加社会から少子高齢化による人工減少社会へと社会構造は急激に変化し、同時に精神疾患も統合失調症中心から認知症、うつ病などの増加により社会的ニーズも変化してきております。このような変化に対応すべく嬉野が丘サマリヤ人病院では平成25年8月に認知症疾患医療センターへの指定を受け、認知症の早期診断・鑑別診断、身体合併症への対応などを行っています。さらにここ数年、社会問題化している睡眠時無呼吸症を中心とした睡眠外来を新たに開設することになりました。特に我が沖縄県は肥満が大きな問題となっており、肥満は睡眠時無呼吸症の合併率も高く種々の事故へも結びついております。そのため平成28年4月に長年、太田睡眠科学センター長として活躍された山城義広医師を院長に迎え、これまで最も多かった精神科ニーズである睡眠障害について呼吸器科的立場からも対応していけるようになりました。 これまで親しみやすく信頼される医療を目指して邁進してきましたが、今後は皆様が少しでも質の高い生活に戻れるようにスタッフ一丸となってさらに努力していく所存です。日常の生活の中で少しでも不安に思うことがあれば当院を思い出して下されば幸いに存じます。