沖縄県認知症疾患医療センターとは?

沖縄県が保健医療と介護機関との連携を図りながら、認知症の早期発見・治療に取り組むため、平成25年8月に県内2ヵ所に指定した専門医療機関のことです。
当センターの担当地域は浦添、西原以南です。

認知症に関する様々なご相談や、診断・治療を行うと共に、地域の保健医療・介護関係者等との連携強化を図る専門機関として、沖縄県から指定された医療機関のことです。

主な事業内容

1.専門医療相談

精神保健福祉士が、認知症に関する相談に対応します。必要に応じ、医療機関や関係機関の紹介・調整を行います。面接でのご相談をご希望の場合は、事前にご連絡下さい。
ご本人、ご家族、医療・福祉関係者どなたでもご利用できます。ご相談は無料です。
/相談時間:午前8:30~午後5:30(365日) /☎ 098-888-3784

2.鑑別診断とそれに基づく初期対応

診察希望の方は、事前にお電話下さい(予約制)。
画像・心理検査、診察などにより、認知症の診断を行います。診断結果に基づき、治療方針を選定します。
その他の検査(MRI・SPECT)が必要な場合は、下記の医療機関へ依頼します。

  • 南部医療センター・子ども医療センター
  • 嶺井第一病院
  • 南部徳洲会病院

3.周辺症状や身体合併症への急性期対応

認知症の方で、幻覚や妄想、不眠、暴力行為等の症状(周辺症状)や身体合併症の治療を必要とする場合の治療(入院治療を含む)を行います。

4.研修会・認知症疾患医療連携協議会の開催

かかりつけ医や介護関係者への研修会や、地域の連携体制を図るため、連携協議会を開催いたします。

お気軽にご相談ください

認知症は以下の点から早期発見・早期治療が大切です。
①アルツハイマー型認知症では薬で進行を遅らせることができる。
②今後の治療をケアについて認知症の方ご自身の希望を引き出しやすい。
③症状が改善する認知症もある。
④診断後、障がい、介護サービスが受けやすい。

悩んでおられるご本人・ご家族の方がいらっしゃいましたらお気軽に当センターをご利用ください。

相談の流れ

相談の流れ

受診される皆様へ

電話又は面接で、現在の症状や困りごとなどを相談員がお伺いした後、外来予約を受付いたします。

現在、医療機関通院中の方は、通院先からの紹介状をご持参下さい。

紹介状フォーム

受診の際は、ご本人の状態をよくご存じの方が付き添いをお願いします。

認知症家族教室・家族のつどい

当センターでは、認知症の方を支えるご家族を応援しています。
病気やケアについて一緒に学び、情報交換や悩みを共有する場として、奇数月には家族教室、偶数月には家族のつどいを開催しています。
参加ご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

認知症サポーター養成講座

認知症になっても、安心して暮らせる地域作りをめざし、厚生労働省は「認知症サポーターキャラバン」を推進しています。
講座をご希望される方は、ご相談下さい。

沖縄県認知症サポーター・キャラバン事務局

センター専用電話

TEL : 098-888-3784
受付時間 : 8:30~17:30 365日相談可