うつナイトケア

utsunaito

 
 

☆☆☆ うつナイトケアがはじまりました ☆☆☆

 

 

こころとからだの不調 気分が落ち込んだり、興味関心が持てなくなったり、気分が憂うつ、悲しい、不安、落ち着かない、意欲や集中力が低下するなどありませんか?また、眠れない、疲れやすい、食欲がない、体重が減ったなど感じていませんか? このような症状が自分では原因もわからないまま2週間以上続いている場合、「うつ病」の可能性があります。 うつ病とは うつ病は、一生のうちに15人に1人がかかるといわれおり、特別な人がかかる病気ではなく、誰でもかかる可能性があります。うつ病は、さまざまな生活体験(例えば、心配や過労が続く、ストレスを受け続ける、孤独感、孤立感に陥る、将来に希望が見いだせない等)がきっかけとなり、脳内の神経ホルモンの働きが低下してバランスを失い発病すると考えられています。うつ病は、早期発見、早期治療で回復します。しかし、長期に及ぶ場合もあります。その場合は根気強く治療することが大事です。 治療には、薬物療法、認知行動療法などの精神療法があります。うつ病に対して治療効果を高め注目されているのが認知行動療法(CBT)です。 認知行動療法を集団で受けることができます! 担当医師は、仲本晴男先生です。 同氏は、沖縄県立総合精神保健福祉センターにおいて、認知行動療法を中心としたうつ病デイケアを、全国に先駆けて実施し、多くの実績を挙げてこられました。その実績やノウハウを活かし、さらにリニューアルした形で「うつナイトケア」を実施しております。チームスタッフとして、看護師、臨床心理士、作業療法士が関わっていきます。 うつ病で長期療養していらっしゃる方、うつナイトケアで同じ病の仲間と一緒に認知行動療法という回復トレーニングに参加しませんか。 主治医や病院を変える必要はありません。 薬物療法、個人精神療法は、現在の主治医のもとで継続してやっていただき、

当院では、「うつナイトケア」で集団療法を行います。

 

~~~うつナイトケア~~~

  1. 目的:うつ病と診断された方、うつ状態にある方に対してCBTを中心としたリハビリテーションを実施し、職場や家事復帰、 再就職等の自立と社会参加を可能にし、さらに生活の質の向上を図る。
  2. 対象者:うつ病と診断された方、うつ状態にある方で長期にわたって社会機能障害を持つ方。
  3. 実施時期:第1期・・・4月~6月、第2期:8月~10月、第3期:12月~2月 3か月を1クールとして実施。
  4. 実施日:火曜日と木曜日、週2回
  5. 実施時間:16:00~20:00(4時間)
  6. 実施内容:火曜日・・・CBT講習(精神科医による講義)グループミーティング 木曜日・・・ホームワーク演習(身近な事例をとおして演習を行う。 ストレッチ・リラクゼーション等
  7. 定員:20人
  8. 実施場所:田崎病院、デイケア室
  9. うつナイトケアの流れ
  10. 通所の手続き
    通所希望者は、通所申請書(様式1)に主治医の意見書(様式2)を添えて院長に提出する。。
    (様式は、うつナイトケア通知案内と送付しているが、ホームページからもダウンロードできる。)
nagare

11.各主治医への経過報告 うつナイトケアのクール終了ごとに、通所者の各主治医へ臨床評価を報告する。


12.費用:医療保険、自立支援医療費(精神通院)が適用される。
夕食が無料で提供される。

実施機関

医療法人社団 輔仁会 田崎病院

問合せ先

医療法人社団 輔仁会 田崎病院 電話 098-885-2375 FAX098-886-5880 担当 :崎原(内線7131)、宮良(内線7110)