新型コロナウイルス感染症の陽性者の報告 

 

 令和4年4月30日に病棟職員1名に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認され、病棟スタッフをはじめ関係者一丸となって感染対策を強化してきましたが、累計で21名(職員3名、入院患者様18名)の陽性を確認しております。

 現在、陽性が確認された患者様において重傷者はおりません。

 今後とも沖縄県新型コロナウイルス感染症対策本部のご指導頂きながら、感染対策をおこない更なる感染拡大防止措置を講じ、患者様及び職員の安全確保を最優先に迅速に対応してまいります。

 患者様や患者様のご家族、関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をお掛け致しておりますが、ご理解とご協力の程、お願い申し上げます。

 なお、外来診療、デイケア等は通常通りおこなっております。引き続き感染対策を強化し、診療をこなっておりますので、ご理解とご協力の程、お願い申し上げます。

 

令和4年5月9日

嬉野が丘サマリヤ人病院

院長 山城 義広